綱島駅近くの美容院に行った時の話

私はあまり美容院に行くのが好きじゃないんです。
なんと言うか、どんな髪型でも文句ないので、美容院に行って「どんな髪型にしますか?」って聞かれて悩まなきゃいけないのも面倒ですし、美容師さんとの良くわからない会話も苦痛だったりします。
しかもお金を払わないといけないとか、苦痛でしかないです。
そんな私が出会ったのが、「カットモデル」の存在です。
カットモデルはボランティアみたいなもので、新人さんの練習台になる代わりに無料でカットしてもらえる、と言う仕組みです。
もちろんリクエストするのもアリですけど、お任せしちゃう手もあります。
綱島駅の美容院にカットモデルで行った時の話なんですが、そこの美容室は結構小さなお店で、新人さんがカットしている時もオーナーさんがずっと見ている感じで、すっごく緊張してたんです。
もちろん、新人さんも緊張していたみたいで、相当ぎこちなかったです。
私は完全にお任せしていたのですが、仕上がった段階でオーナーさんの説教タイムと言うか、ダメだしが始まって、ええーっ!?ってびっくりしていたら、急に「こうやるんだよ!」と左側の髪をカットしました。
それだけでもびっくりなんですが、新人さんが右側をカットした後に「終わりました、確認してください」って言ってるのに、「お前が良いと思ったならそれでいいよ」とか言い出して・・・
ホント、びっくりしました。