細菌などから、銀歯のデメリットは広がっていく

保険が利くからいいと思って、つい銀歯にする時があります。
見た目で気にする人も多いと思いますが、実際にはそれだけの問題ではありません。
銀歯にすることで細菌が入りやすくなっている点がデメリットといえるでしょう。
合着部分から入って来る細菌は、虫歯を誘発することもいわれているからです。
虫歯でいいことはありませんから、虫歯になったら結果的にまた歯医者で治療になるのです。
セラミックがいいとされているのは、そういった面からもいえると思われます。
細菌などから、銀歯のデメリットは広がっていくからなのです。
歯は一生物ですから、銀歯の細菌が原因で1度虫歯になったら、それを治すのは大変なことです。
まず、細菌を好む人はいないので、銀歯のデメリットは虫歯ができるおそれがあることです。
よくない結果になるので、最近ではセラミックが主流になっているのです。
銀歯から溶け出して他の歯が変色してしまう点もデメリットでしょう。
あまりないことかもしれませんが、劣化も当然あるケースともいえるのです。
問題点は多いのですが、だからと慌てて銀歯を全部セラミックに替えるという意味ではありません。
必要に応じてなので、今後について考えることがいいのですが、虫歯は避けたいことではあるのでした。